スピード感が重要なFX

最近のFXの特徴として、スピード感を感じることが多くあります。

 

もちろん、ネット取引が標準化されてから、分足チャートなどでスピード感が求められるということは以前からありました。ハイレバレッジでの取引では分足チャートの動きにしっかりついていくことが重要ですが、最近では日、週というチャートでもまるでアメリカの雇用統計発表のタイミングかのような乱高下がよく見られます。

 

雇用統計のような有名な指標以外の比較的マイナーな指標にもするどく反応するのが最近の為替相場の特徴ではないかと思います。

 

鋭く反応するということは、タイミングさえ読めれば利益を出しやすいということでもあります。レバレッジの設定で投資リスクとのバランスをとりながら、分単位、日単位、週単位など様々なタイミングで利益を出せるようにするとこれからのFXはいいのかもしれません。

スピード感が重要なFX/素人にFXは無理か?関連ページ

FXが持っている可能性
お小遣い稼ぎにFX
バーチャルFX
FXに於ける約定力とは

このページの先頭へ戻る